Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~アジャラさん・・・・゚・(ノД`;)・゚・~ドイツ 1-1 (PK:4-2) アルゼンチン

先取点は流石の一言でしたけどね。身体はぶつけられても頭がぶれない滞空時間の長いヘッド。嗚呼なんつう神の仕打ち。この試合はペケルマンの采配に多少疑問あり。随分早くから守りに入ったのはいただけない。リケルメ代えるの早い。途中交代の鬼のはずが、クルスは最後まで試合に入れてなかった。GKの負傷で貴重なカードが一枚消えたとは言え、ねえ? コロ先発もラーム封じに一定の効果を発揮したとは言え、攻めが全く期待できなかったのが残念。

それに比べ先に点を取られたせいもあり、クリンスマンの選択は明快な意図が見え、それも結果的に的中してた。うどん粉はクロスがとんでもない方向にバシバシ飛んでいたけど、なぜかチームの活性剤に。ボロウスキーもヘッドのすらしが見事に。まあ本当は同点になった以降、守りの選手を入れたアルゼンチンと、攻めの選手を入れたドイツという構図からすれば少なくとも120分でドイツは試合を決めなきゃいけなかったんだけどね。つうことでカンビアッソのキックを止めた後の表情一つ変えないレーマンに惚れぼれw

あとはランダムに。テベス→こんなに守備をする選手とは思わんかった。コロが上がらない分、上下運動をよくサボらずやってた。ソリン→うどん粉投入後にさっぱり上がれなくなったのが、攻撃の迫力低下の大きな要因になった。失点のシーンも勿体無い。マキシ→二匹目のドジョウどころか、かなり空回り。PAギリギリ右45度で何度ボールを持ったか。1本くらい決めないと。アボンダンシエリ→不運だった。しかし彼のフィードの正確さは素晴らしいね。

バラック→所謂ミスによるインターセプトされるシーンが多々。シュミもあった。良いプレーもあったけど、何かひとりプカプカと浮いている印象。フリングス→心臓。力強い鼓動。4バックDF陣→ラーム以外(ry と言えない上々の出来では。決定的シーンを作らせない早いチェック・カバーの動き等々。声援が背中を後押しした感じ。
スポンサーサイト

コメント

予選からあれだけリケルメにこだわってたくせに、最後の最後でこんなふうに交代させちゃうんだからペケルマンったら・・・。
せめて交代相手がメッシかアイマールなら・・・と思うんですけどね。

  • 2006/07/01(土) 07:48:36 |
  • URL |
  • ツナマヨ #Uca4HbNs
  • [ 編集]

辞めましたね>ペケルマン
1点獲って逃げ切るって発想自体は別に否定しないんですけど、同点にされた時のこと考えてない交代でしたよね。

メッシを見たい!けどもう交代枠が無ぇ!と叫んだ人はきっと多かったはず。

  • 2006/07/02(日) 03:23:58 |
  • URL |
  • 伊庭笠 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/896-35cbec61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。