Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ガーナはオフサイドを理解した方がいい~ガーナ 2-0 チェコ

終盤のコントを拝見して、真面目にやらないときっといつか後悔するぞ、と思った。いや、まあ些細なツッコミです。パーフェクトです。エクアドルと同じく要注目チームに格上げ。いつまで走ってるんだと言う尋常じゃないスタミナ。ボールをインターセプトすると3人くらいがテヤー!って猛ダッシュで上がってくるのね。あとサイド攻撃が非常に少ないのも奇妙な特徴。決して放り込み戦術というワケではなく、相手陣内に入った辺りからのグラウンダーの縦パスが多い。勿論かなり早いパスなのでなかなかDFは防げないし、受ける選手もトラップがうまいので結構単調にならない。何か面白いチームだ。

チェコにはこの言葉を贈りたい>「1人の勇者と10人の愚か者」 あれか、あのディフェンスっぷりはチェヒへの新手のイジメなのか? 大体なんでDFはガーナより先にへばってんだよ。1人少ないからと関係ないレベルw 攻撃陣もチャンスが無かったわけではないけど、チェヒがあれだけ耐えて耐えて耐えて・・・∞、報いてやれよ・・・。ちなみに次の試合のFWがどうなるのか少々楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは
アフリカ勢は基本カウンターということもありますが、サイド攻撃なしにしては1回の攻撃で高確率でゴール前まできますね。
対戦各国がまだボールの奪い所を絞りきれてない&ビルドアップで嫌な奪われ方しすぎな感が。
身体能力が想像以上なんでしょうか。

ムンタリかわいい。

  • 2006/06/18(日) 14:05:18 |
  • URL |
  • らららららら #-
  • [ 編集]

韓国の粘りはうらやましい。
俺たちもアジアの戦いにおいてはああいう終盤の強さを発揮できるようになってきたけど、そのメンタリティをW杯の舞台で披露するにはまだまだ歴史が必要なのかも。
でもいつかは必ず出来るようになると信じたいね。本大会で負けまくってた韓国でさえ出来るようになったんだから。アジアでのメンタリティが世界に通用する時がきっと来る。
まぁその前にブラジル戦での奇跡を信じようか。

  • 2006/06/19(月) 06:48:28 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集]

亀レススマソ

>ららららららさん
なるほど勉強になります。確かに縦縦でいく結果、相手のカウンターに繋がり安い気はしますね。

しかしガーナがブラジル相手にどんな試合をするか楽しみです。間違っても守りきれるとも思いませんが、攻めの方は結構期待できるかななんて。

>名無しさん

うんうん同意。そこは大いにお隣と差がありますね。

僕は気持ちを前面に出す(表現する)ということが正解とも思っていなくて、そもそもメンタルに正解も糞も無い。ただ今回の日本代表は個人間のメンタルの差が余りにも広かったことに問題を感じます。

試合に負けたら泣け、という事ではなく、ただメンタルも皆同じベクトルに向いていないと、今回のように酷い結果が生まれてしまうのかなと思っています。

  • 2006/06/26(月) 00:33:05 |
  • URL |
  • 伊庭笠 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/890-901193dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。