Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイク・ジョーンズでクリスマス

スパイク・ジョーンズ

全体的にザ・アメリカンなテイストなスパイクジョーンズ。何か一貫性があるかと言われればそうでもないけど、取り敢えずアメリカ人だというのは感覚的に分かる。そんな感じ。

-"Praise You" Fatboy SLim:彼の最も有名な作品。自らが出演し恥を?かいているところが評価されたのだろうと思う。ちなみに同じくFBSの"Rockafella~"でも同様の路上奇天烈ダンスをやったらしく、おまけで入ってたw

-"Weapon Of Choice" Fatboy Slim:例のC・ウォーケンのダンスもの。ウォーケン本人のいんたぶもあった。何か元ダンサーらしいが、その経歴も歳には勝てずって感じか。まあ拙いダンスと表所のアンマッチがいいんだとノーマン・クック(Brigtonの海を背にしたバスタブの中でのコメントw)も語っておりますが。

-"Drop" Farside:前編逆回しのPV。撮影の裏側があったのですが、逆回しのリリックに口を合わせるべく、選任の言語学者まで付けて指導していたのが凄い。彼の作品はストリートの即興感みたいなものが強いけど、きちっと準備もしてるんだなあ、と。

-"It's On So Quiet" Bjork:特別に秀でたビデオでも無いのだけど、ゴンドリーの初期Bjorkものを散々見た後だけに、明るいミュージカルもののBjorkという落差を感じた。

-"Sabotage" Beastyboys:音楽が映像のサントラになる類ですねこれは。冷静に見ているとそこまでワッショイする程でもないかも。元ネタがあるらしいが知らんしね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/742-fb525057
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。