Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシェル・ゴンドリーでクリスマスイブ

久しぶりに息継ぎの許可が下されて水面に上がってみれば世間はクリスマスですと。長く潜っていたのでクリスマスどころが年末年始もあまり意識せず、ひたすら次の納期を追いかけていたのでしたw

まあそんなこんなでホワイトクリスマスなわけもなく、かと言ってブラッククリスマスをする気力も無く家でおとなしくしてたりします。が、折角の連休ではあるので、先日まとめ買いしたasmikのディレクターズレーベル(PV集)でもじっくり堪能しようかと。購入したのは、ミシェル・ゴンドリー/スパイク・ジョーンズ/クリス・カニンガム/マーク・ロマネック/ジョナサン・グレイザー。

ミシェル・ゴンドリー

モストふぇいばりっつです。これは!というのはゴンドリーが多い。DVDでは彼が自身の生い立ち何かも色々語っていて、PVよりこっちの方が価値があった。「ある日こんな夢を見て~」と言うが、変てこな夢を映像にして作品に昇華させてしまう情熱と根気が、彼を現在の地位に立たせているんでしょうね。

-"Da Funk" Daft Punk:解説を聞いて感動したんですが、あの骸骨とかミイラとかそれぞれのキャラクターは、ただ適当に踊っているのではなく、それぞれの楽器を表しているんですと。素晴らしいね、ひたすらに。

-"Come Into My World" Kylie Minogue:これもどうやってんだ?ビデオでしたが、頭の中では納得。ひたすら回りながら、前の周とかぶらないように少しずつ登場人物がずれているんですね。それを全て重ねれば倍々背景の出来上がり。ブラボー。

-"Sugar Water" Cibo Matto:「回文」がアイデアの元だそうな。これもアイデアだけじゃ絶対出来ないよなぁ。異常なる緻密さを実現する力が必要だ。

-"Star Guitar" Chemical Brothers:ゴンドリー+ケミカルだと"Let Forever Be"が有名ですが、個人的にはこれの方が好き。誰しも一度は感じていそうな、音楽と目の前の映像とのコラボレーション。電車だけでなく、車の運転中のカーステ&ウインカーとかね。

-"Fell In Love With A Girl" The White Stripes:レゴレゴ。全部手作業かと思いきや、一部は人間の動きにコンピュータでレゴ処理してるんだって。ちょっと残念。

-"The Hardest Button To Button" The White Stripes:ワンテイクごとに増やしていっているんではなく、減らしていっているという所に目から鱗。しかし1台ずつ叩いては隣にずれて~を繰り返しているメグを想像すると笑える。"Fell in~"とかの成功が無かったら絶対やってられないとオモタw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/741-fe3ba3eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。