Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー戦術ウヨサヨ論

 ユニ話が苦手です。利き足話も苦手です。でも戦術話はもっと苦手です。

1 名前:1 投稿日:02/11/22 14:14 ID:lf5zle2l
『サッキ・ミラン、クライフ・バルサ=プレスVSスペクタクル』

結局、80年以降現代のサッカー戦術はこの2つの大きな流れに
行き着くわけで・・・

例:サッキ=クーペル、ジャケ、ベンゲル(トルシエ)
  クライフ=バルサ、レアル、スペイン、オランダ

案外両者は同列に語られがちだけど、ホントは
そのサッカー観、戦術、コンセプト、哲学は正反対くらい違うよね?
それで、その前時代、もはや絶滅寸前?の
テレサンターナ(ブラジル)やベッケンバウアー(ドイツ)も含めて
みなさんはどっちが好きですか?
>>あくまでその戦術中心でお願いします

 そんな戦術話初心者の僕に非常に勉強になっている良スレ、【戦術論】サッキVSクライフ【蹴球観】を紹介。

5 名前:  投稿日:02/11/22 15:45 ID:Boj2Drf9
サッキは戦術重視ではあったけど攻撃的だよね
クーペルみたいなまずディフェンスありきっていうのとは違うっしょ
6 名前:  投稿日:02/11/22 16:00 ID:lf5zle2l
>>5
それはスペインとイタリアのメンタルの違いを考慮にいれない
日本のメディアから来る誤解でしょ(もしくはオランダトリオの有無)
イタリアでは攻撃的と言われても、スペインの側から見れば守備的になる。
サッキがアトレチコでやった時は守備的すぎると受け入れられなかった。
8 名前:。 投稿日:02/11/22 18:06 ID:x6pYFqyU
WSMのコラムでヒデミがサッキのほうがカペッロより理論は上だったと書いてた。
クライフはカペッロが嫌いだけど、サッキのミランは認めていた。
9 名前:  投稿日:02/11/22 20:48 ID:h4VAluTV
>>8
カペッロとサッキは全然違うと思う。
クライフのスペクタクルなサッカーは、結局優秀な選手を
どれだけ集めてこれるかにつきる。
ある意味今のレアルより豪華なんじゃない?
よってサッキ>>>クライフ
13 名前:    投稿日:02/11/23 09:41 ID:HzDQ/p1B
自分がボールを持った所から考えるか、
相手がボールを持った所から考えるかの違い。

 なるほど、うまいこといいますね。

15 名前: 投稿日:02/11/23 19:53 ID:c8PMqzJi
サッキは中盤から創造性とかテクニシャンを取り除いたから嫌い。
17 名前:  投稿日:02/11/23 20:07 ID:664pZ5nA
>>15
ボールが無いと何も出来ない(しない)、
足下でボールをこねくり回す、オナニープレーヤー(茸みたいなタイプ)
を中盤から排除した。

と言って貰いたい。
24 名前:_ 投稿日:02/11/23 21:13 ID:MonR0sgR
今のカペッロは将棋してるみたい。
27 名前:  投稿日:02/11/24 19:58 ID:+P+XQm24
アンチェロッティはサッキ→クライフと通過した稀な存在。
39 名前:  投稿日:02/11/25 00:15 ID:xVPHiFAw
ベンゲルはその両方の戦術を足して2で割らないほどの手腕を持ってる。
50 名前:  投稿日:02/11/25 18:01 ID:ZHtKwVM1
>>39
ベンゲルとクライフは明らかに違う。
その違いは、レアルとアーセナル、フェイエとパルマなんかを
比べればハッキリと分かってくる。
アーセナルとジャケのチームは似ている、違うように見えると
すれば(攻撃的)選手の質のせい。

日本人がベンゲルアーセナルを見る目と、スペインやオランダから
見る目は違うと言う事。
アーセナルは守備的でフィジカル重視と言われてしまう現実。
74 名前: 投稿日:02/11/25 23:36 ID:9siwafhd
クライフはむしろ自由はなかったような気がする。
攻撃の時誰かがボールを持ったら最低5人が動いてパスコースを作っていたが、
練習はそのポジショニングの練習ばかりだったらしい。
「FKの練習するには早出か居残りが必要だった」とはクーマンの談。

クライフがファン・ハールを嫌いなのはファン・ハールが名選手でなかったから。
「名選手であった経験がない限り名選手の気持ちは絶対に分からない」と言っている。
もう1つはノートを取ることか。
感覚を重視するクライフにとって何もかもをノートに記述し理論武装することも気に入らなかったんだろう。

 サッキとクライフを両極端のものとして、古今の名将たちもその軸の中でいろいろと語られています。戦術そのものは勿論、サッカー史における戦術トレンドなども、なかなか面白いです。長文スレが多いので大変ですが、読む価値は十分あります。お薦め。

関連スレ
 【戦術論】サッキVSクライフ【蹴球観】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/378-c204b12f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。