Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はギグスあたり?

 カー新体制一発目の代表には選ばれず、去就が騒がれていたマンウーの番長ロイ・キーンですが、これからは戸田との削りあい対決に本腰を入れたいとの本人の意向で、代表引退だそうです。嘘です。

429 名前: 投稿日:03/02/12 08:27 ID:t14quSfk
http://www.fuoriclasse.com/news11/31k70.html
■ 11日、マンチェスター・ユナイテッドのMFロイ・キーン(31)はアイルランド代表から引退する意志を発表した。
  キーンは昨年のW杯直前にミック・マッカーシー監督と衝突してチームを離脱し、大会後にも代表召集のたびに復帰が注目されていたが、代表監督がブライアン・カーに変わっても12日のスコットランド戦のメンバーには入らなかった。
  カーに対しては次のEURO2004予選の試合で復帰すると約束していたとのことだが、その後マンチェスター・Uのチームドクターらと相談した結果今後プレーを続けていくためには試合数を減らす必要があるという結論に達した。
  キーンは1991年5月に19歳でアイルランド代表にデビューし、1994年W杯を含む58試合に出場して9ゴールを記録。 2002年W杯予選開始時から代表キャプテンを務めていた。
433 名前:  投稿日:03/02/12 09:28 ID:twVlVlHG
監督のおはなし

「先週木曜日、私はロイと会って3時間話をした。会談は大変良い雰囲気で、ロイは今週にもスコットランドに来て、我々と再出発すると思われた。」

「金曜日、ファーガソンから電話があった。ファーガソンによれば、ロイは代表には戻らないつもりだという事だった。」

「私は大変失望したが、『ロイが気持ちを決めるにはもう少し時間がかかるんじゃないか』と答えた。」

「しばらくしてまたファーガソンから電話があった。ファーガソンによれば、マンUの医者の説得によって、ロイは代表引退を決断したとのことだった。」

「月曜の夜、ロイから電話があった。ロイによると、マンUの医者や家族と話し合った結果、代表には戻らない事にしたのだそうだ。私はロイの決断を受け入れる事にした。彼のキャリアの幸運を祈りたい。」

「ともかく私は前に進まねばならない。だから今日はU21の試合を見に来たわけだ。」

これでアイルランド代表の最大の敵が誰だか明らかになりました。
435 名前:  投稿日:03/02/12 09:44 ID:twVlVlHG
では引退を表明された番長さまのコメントを抜粋で。
英語のままのほうがニュアンスが伝わりやすいでしょうから対訳にて。


「It was my first meeting with Brian and I formulated the opinion that
the Irish team was in very capable hands. 」

俺がブライアンと会ったのはあれが初めてだった。
(彼の話を聞いて)アイルランド代表には大きな可能性があると思った。

「 It has always been my desire to play again for Ireland and,
following my meeting with Brian, I discussed in depth with
my manager Alex Ferguson, my wife and my immediate family
the possibility of my return to international football. 」

俺はいつだって代表に戻りたかった。
ブライアンと会った後、代表に戻る事についてファギーや妻や家族とじっくり話し合った。

「I am extremely grateful for all the support I have received in recent months
and I am equally sorry that I am unable to play again for my country. 」

俺はこの数ヶ月の(ケツの故障に関するマンUの)サポートには凄く感謝している。
そして同じくらい、俺がもう祖国の為にプレイできない事を申し訳なく思っている。

「I wish Brian and the players the best in the future.
They will have my full support at all times.」

俺はブライアンとアイルランド代表の幸運を祈っているし、
これからも出来る限り彼らのサポートを続けるつもりだ。

 433氏の言う最大の敵とは、マンウーの競馬狂オヤジですね。そんなこんなな愛蘭代表は、その敵の母国スコットランドと今日対戦です。

関連スレ
 申し訳ありません(´Д`;)アイルランド代表です10
 ††Red Devils マンチェスターユナイテッド 14††
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/340-8d51a302
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。