Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボール風に海外サッカーを語ろう!! 傑作選その2

 12月5日分:「ドラゴンボール風に海外サッカーを語ろう!!」に続き、再び良作の数々を紹介します。このスレは本当にネタのレベルが高い。

158 名前:ろっそねろ 投稿日:04/01/04 18:03 ID:ri0GYoaI
アンリ「よっしゃあ!チャンピオンズリーグ決勝T進出だぜ!」
ピレス「ホント3節終えて1分2敗の時はどうなるかと思ったけどなー」
キャンベル「アーセナルはこのコンペティションではツキがないやら散々言われてたよな!
今こそ見返してやろうぜ!」
リュングベリ「緒戦はセルタだ。みんな気合い入れてくぞっ!」
ヴィエラ「GO to SPAIN!!」
一同「おーー!!」




ヴェンゲル監督「あら?あなたは行かないの?!」
ベルカンプ「まあな」
ヴェンゲル監督「まあなって・・・。あんた恥ずかしくないの!?
みんな決勝T進出でやる気になってるのよっ!今までアーセナルがチャンピオンズリーグでどれだけ醜態晒してきたとおもってんのよ?
新スタジアム建設の影響でロクに補強もできない中でここまでやってきてる私の身にもなってごらんなさいよ!
やらしい話、チャンピオンズリーグはいっぱいお金もらえるの!
出場するだけで何千万なのよ?ちゃんと考えなさいよ!
あなたそれでもアーセナルの一員っっ?!」
ベルカンプ「オレ飛行機乗れねえんだ」
ヴェンゲル監督「・・・どうも・・」
168 名前:  投稿日:04/01/05 15:05 ID:EygmVJjy
ネドベド「俺達がプレーオフで戦うベルギーって奴は個人能力は低いが勝負強い
     油断するな!
     ところでベルガーのヤツは本当に怪我で試合に出られないのか?」

スミチェル「出られない・・・
       だ・・・だが今リハビリしている!
       もう完治するころだと思うが・・・」

ネドベド「チッ・・・早く来やがれ・・・
     アタマにくるヤローだが味方につければ少しは戦力になる」
207 名前:  投稿日:04/01/08 13:06 ID:bTU++3XR
ヂダ「くっくっく・・・CL優勝が効いたらしいな・・・
   ずいぶんと出番が減ってるんじゃないか?
   アッビアーティさんよ・・・・あんたの引退はもう近いようだ」

アッビアーティ「い・・・引退が近いだと・・・!?はーーはっはっは!
      笑わせるんじゃない!
      私は貴様より若いんだぞ!」

ヂダ「アッビアーティさん・・・あんたはブラジル人のことを詳しく知ってるんじゃなかったのか?
   クビになりかけた俺にポジションを奪われたのはまずかったな・・・そうだろ!?
   ブラジル人は試合に出るたびにサッカーが上手くなるんだ!」

アッビアーティ「い・・・いくら貴様がうまくなったとしても
       確変した私には勝てるわけがなーーーい!!
       うぁがぁぁーーー!!!」

ヂダ「ブラジル人は蹴球民族だああああ!なめるなよぉぉーーー!!」
253 名前:  投稿日:04/01/12 10:30 ID:GcB6hFbb
ベッカム「よーしこうしよう!順番からいってまずシメオネから潰してやろう
      次にエムレのガキだ!
      それからいまいましいファーガソンとアルパイにとどめを・・・・そして・・・・・・
      最後は俺様の大事な脚をくだきやがったヤローだ!」

ドゥッシェル「ひいいっ!お・・・覚えてやがった!」
261 名前:  投稿日:04/01/13 12:34 ID:7GVeevb4
ザッケローニ「おい!魔人ビエリ!何をやっているんだ
      移籍の誘いなんかさっさと断ってしまえ!」
ビエリ「わかったわかった」
油様「なんだおめえ・・・そんなにうめえのにザックの言いなりか?」
ザッケローニ「う・・・うるさい!ボクは監督なんだ!言うことを聞いてあたりまえだろ?」
ビエリ「・・・・・・・・・    -=・=-    -=・=-   」
ザッケローニ「な・・・・なんだその目は!
       再びベンチに封じ込められたいか?」
ビエリ「オレをふうじこめたら
    おまえ、かいちょうにこうてつされるぞ」
ザッケエローニ「・・・ぐぬ・・・・こ・・・こいつめ・・・・・
       いつのまにかよけいな知恵をつけおって・・・・」
267 名前:ジダン特戦隊その1 投稿日:04/01/13 16:26 ID:ww9NJENI
中田「よく聞けよ糞野郎共!ジダン特戦隊ってのは今の俺、いや、それ以上かも
   しれん!そんな奴らが5人もいるんだ!奴らは最新の戦術で日本代表を
   チンチンにするつもりだぞ!
小野「ま、まさかそんな・・・」
中田「奴らの強さが分からんのかっ!!
   道はたったひとつしかない!!
   俺を中心としたチームで奴らどもを倒すという道しかな!!」
小野「じゃ、じゃあ茸を中心に・・・」
中田「こいつではテクニックはあってもフィジカル的にはまるで不足している!!」
小野「し、しかしそれじゃ中盤はどうなるんだ?」
ジーコ「ジーコジャパンの中盤は4人だ。汚れ役はいない。
    お前たちの共存もきっと可能だろう。」
茸「えっ!?汚れ役いないの!?」
中田「早くしろ!!チンチンにされても知らんぞーーーっ!!」
268 名前:ジダン特戦隊その2 投稿日:04/01/13 16:28 ID:ww9NJENI
「ヴィエラ!!」「アンリ!!」「ピレス!!」「マケレレ!!」「ジダン!!」
「みんなそろって、ジダン特戦隊!!」

ジダン特戦隊到着

ジダン「おや、もしかするとそいつが黄金の中盤ってやつかな?」
リクーム「こっちにはヘボDF4枚置いてありますぞ。」
中田「て、てめえらなんぞに負けてたまるか・・・!!」
小野(ヒ、ヒデさんの言ったことは本当だった。オ、オレなんかじゃ勝負にも
   ならない。こ、こいつら揃いも揃って考えられねえぐらいのデタラメな
   パワーを持ってやがる。なかでもあいつ(ジダン)はケタ違いにすごい
   ・・・
   あ、あいつ、あいつだけはてんでたいしたことないぞ。な、なんであんな奴が
   交じってんだ!?)
中田「あのマケレレって奴は攻撃力は低いが超戦術を使う。こちらの攻撃スペースを
   たちどころに消してしまうんだ。油断するな!
   そしてあのアンリって奴のスピードは宇宙一だ。奴とのスピード勝負は絶対に
   避けるんだ!いいな!
   ところでアレックスの奴はどうしたんだ?」
小野「サイドバックにコンバートされた。前線への上がりはだいぶ後になって
   しまうだろう。」
中田「はやく上がってきやがれ!オナニープレーばかりしてるヤローだが
   クロスだけなら少しは戦力になる。」
293 名前:サルバトーレ・スキガラッチ 投稿日:04/01/14 15:14 ID:ObaGNVxs
アンティッチ「まいった!辞任だ!バルサの弱さはよ~くわかった!オラはもうやめとく」
会長「アンティッチ・・・その言葉の意味することがわかるか?
   バルサを指揮する者がいなくなれば
   このチームの選手どもは一人残らず放出することになるんだぞ!」
アンティッチ「かんちがいすんな・・・指揮する奴がいなくなったわけじゃねえだろ」
会長「同じことだ!レシャックやファンガールでは力を上げたとはいえ
   貴様より劣っているはず!」

アナウンサー「さあミスタークライフ!再び出番がまわってきましたぞ!
    今度こそバルサをビシッと優勝させちゃってください!」
クライフ「そ・・・そうだな!ひ・・・・ひとつびびらせてやるか!
     うおうっ!?ああっな・・・なぜか急に心臓が!!」
アナウンサー「ク・・・クライフさん!」
クライフ「か・・・監督やりたいのに・・・!
     優勝なんてわけないのに・・・!
     こっこの心臓痛ではっ!!
     くっくやしいっ!あーー残念っ!!」
アナウンサー「・・・・・・・・・・・」
307 名前:98年 投稿日:04/01/15 02:23 ID:l1EAHWcY
岡田「カズはオレがおいてきた。修行はしたが正直言ってついていけるレベルじゃない」
中田「うんその方がいい」
344 名前:名無しさん 投稿日:04/01/17 01:08 ID:GnB12Y+3
そして2003年12月11日、日本はついにACミランの来日を許してしまった!!

マルディーニ「ここが日本・・・・・悪くない国だ。」
インザーギ「さっそくアキバで買い物してこようかな・・・・・・」

インザーギ「ガッハハハハハ!少し買い過ぎちまったようだな!!」
マルディーニ「いいかげんにしろ、ピッポ。3日後には試合があるんだぞ。」
インザーギ「おっと!そういやあ、パオロ、確かバカ・ジョナサンズとやらと
      試合があるんだっけ?」
マルディーニ「ボカ・ジュニアーズだ。噂ではマラドーナの後継者がいるらしい・・・
      重い荷物を持ったせいで体を痛めて得点できずにPK戦に持ちこまれてみろ。
      せっかくのCL優勝がパアだ。貴様のくだらん買い物のせいだぞ、ピッポ。」
インザーギ「す、すまねえ・・・・つい調子に乗っちまって・・・・」
マルディーニ「とにかく横浜国際総合競技場を探すことだ。おそらくヨコハマで一番大きな
      スタジアムがそうだろう。・・・・・あった!よーし、下見に行ってやろうぜ、ピッポ!」
インザーギ「へっへっへっ、こいつはいいや。この日本って国ァイタリアファンが多くて
      ガンガン女が寄ってくる。」
364 名前:名無しさん 投稿日:04/01/18 04:00 ID:bzsLTMUW
トッティ「信じてもらえないかもしれませんが俺は4年後の未来、2002年から
    やってきました。名前はフランチェスコ・トッティ。なぜ俺がアズーリの10番を
    付けてるかというと、そこにいるデルピエロさんから譲ってもらったからです。」
バッジョ「え?デルピエロから?」

中略

バッジョ「アズーリの10番のお前が退場させられたんだから相当ひどい誤審だったんだろうな・・・」
トッティ「はい・・・抗議はしたのですがなにしろ相手はホーム・・・正直延長に持ち込むのがやっとでした・・」
バッジョ「ま、待てよ、じゃあ他のヨーロッパ勢は?」
トッティ「いません・・・4年後の大会、ベスト4にはドイツしか残らなかったんです・・・・」
バッジョ「・・・・・!!」
トッティ「4年後の大会でアメリカもポルトガルもイタリアも皆あの国にやられてしまったのです。
    かろうじて勝ち進んだスペインも退場者を出さないよう慎重に戦ったのですが
    やはり線審を買収されて・・・・卑怯すぎる!!卑怯すぎるんですよ、ヤツらは!!」
バッジョ「ま、待てよ。俺は?俺もやられちまったのか?」
365 名前:名無しさん 投稿日:04/01/18 04:01 ID:bzsLTMUW
トッティ「あなたは戦っていない・・・これからまもなくアズーリには呼ばれなくなってしまうんです・・・  
    そして二度と国際大会には出られない・・・・・・・」
バッジョ「え?」
トッティ「今の監督はトラパットーニです。ユーベ時代の恩師もアズーリの監督としては別物だったのです。」
バッジョ「ま、まいったな。トラップもサッキやリッピと同じなのか・・・・
     くっそ~~~~~選ばれないのか・・悔しいな・・・戦いてえよ、そいつらと・・・・」
トッティ「・・・・た、戦えないのが残念なんですか・・・・恐怖はないのですか・・・・・」
バッジョ「そりゃ恐いけどよ。すっげえムカつくやつらなんだろ?殺ってみてえよな」
トッティ「・・・やはりアナタは本物のファンタジスタだ。マルディーニやデルピエロが言った通りの人だった。
    頼もしいですよ・・・来て良かった。2002年が近づいたらこれを使ってください。」
バッジョ「なんだ、それ?」
トッティ「協会幹部の不倫現場写真です。これで脅して代表監督にカルロ・マッツォーネを就けさせて下さい。
    そうすればアナタは落選せずにすみます。」
バッジョ「ホントか?サンキュー!なんだよもう、早く言ってくれりゃいいのに!」
トッティ「ホントはこういうのはマズいんです、歴史を変えることになってしまうから・・・
    ですがあんな歴史なら・・・・・・」
471 名前:  投稿日:04/01/24 17:26 ID:rp67qyLC
イングランド「オレがなんのためにこんなところへきたか
      わかっているだろうな・・・」

ウェールズ「わかっておる・・・
      もともとわたしとおまえはひとつの国だった
      考えることくらいわかるつもりだ・・・
      正直言ってふたたび融合する日がやってくるとは
      思ってもいなかったがな」

イングランド「融合ではない
      おまえはこのイングランドがユーロ優勝をなしとげるためのきっかけにすぎない
      いまのおまえの存在による利点はギグスのみだ・・・・」
528 名前:名無しさん 投稿日:04/01/27 02:18 ID:gcvRKfMA
ロマーリオ「エジムンド!おめえがどうしてここに・・・・・」
エジムンド「俺も今日からここの一員だ。」
ロマーリオ「おめえもフルミネンセに移籍してきたのか?」
エジムンド「そういうことだ・・・・・・・。ロマーリオ、そんなザコどもと組んでも
      リベルタドーレス杯には勝てん。俺が一緒に組んでやる。」
ロマーリオ「どういうことだ?」
エジムンド「ボカの強さがケタ違いなのはお前もよくわかったはずだ・・・・・
      俺一人でもお前一人でもボカは倒せん。だが!
      俺とお前が共に戦えばわずかながらも勝機はある!!」
ロマーリオ「なるほど・・・・・だが一体どういう風の吹き回しだ?」
エジムンド「勘違いするなよ、別に貴様のためなどではない。
      フルミネンセなどもどうでもいい。俺はただ自分のセレソン復帰のために
      アピールしたいだけだ。見ていろ、見事リベルタドーレスに優勝し
      トヨタカップを獲った暁には、貴様を差し置いて俺だけでセレソンに返り咲いてやる!!」
ロマーリオ「そうはさせねえ・・・・・・そうはさせねえが二人が組むってとこまでは良い考えだ。
     それしかねえみてえだな・・・・・・」
エジムンド「そういうことだ。ガマンするんだな。俺だって貴様と組むなんざヘドが出そうなんだ。」
ロマーリオ「おめえ、俺の出すパスについてこれるか?」
エジムンド「ふざけるな。俺の俊足はお前の情けない鈍足とはわけが違うんだ。」

フルミサポ1「・・・・・よ、喜んでいいのか悪いのか・・・・・・・・」
フルミサポ2「いやいやいや・・・・・・しかしまさかあの二人が手を結ぶとはのう・・・・・
      確かにこれ以上のツートップは考えられんわい!ひょっとしたら
      トヨタカップに行けるかもしれんぞよ!こりゃあ見物じゃぞ!!
      サポ1!年間チケットは持っておるな?わしらも行くんじゃ!!」
553 名前:反骨 投稿日:04/01/29 11:04 ID:Q0kbjWKg
…今季のCLの希望的観測。
ドゴォ!
MON1-2RMA

モリエンテス「この俺を他クラブに出したのは失敗だったようだな?
俺は出場機会を得さえすればどんどん点をとる…」
ペレス「はっ!」
ジュリ「そ…そうか…確かに奴は代表でも1試合ごとの得点率は恐ろしく高い…」
(2003年時点で30試合・20得点)

ドガン!
MON2-2RMA
ペレス「フェ…フェルナンド…私たちは今季何としても三冠を達成しなくては
ならないんだ…み…見逃してくれないか」
モリエンテス「これまで散々冷や飯食わせてきて気安く名前で呼ぶんじゃないぜ…」
ペレス「そ…そうだ…もうロナウドも逃げそうだしまた手を組もう…
そう…そうすればユベントスにか…勝てるぞ…。」

ドンッ
MON3-2RMA
581 名前:1/2 投稿日:04/01/30 19:40 ID:jNtD7Ocq
カカ「リバウド……!
   おい! リバウドはもうほとんどプライドが切り裂かれた状態だったんだ……!
   わざわざベンチにも入れないこたあねえだろ!」
アンチェ「WC優勝チームの10番だなんてつまらないただの伝説に
ロッティ いつまでもこだわっているからさ。
     ボクはくどいヤツがキライなんだ」
リバウド「カカ……ま…まだ…きさまは……そんなあまいことをいって…
     やがるのか……
     ミ…ミランの中心じゃ…な…なかったのか……
     バ…バカやろう……! 非情になれ……!
     あ…あまさをなくせば…き…きさまは…き…きっとなれたはずだ…
     ミ…ミランの中心に……!」
カカ「オ…オラはおめえみてえに非情に徹するなんてどうやったってできねえ…    だいたいそのミランの中心…てのがよくわからねえ…」
リバウド「ミ…ミランの中心てのは…うっ…ゴホッ」
カカ「それいじょうしゃべるな! ビドンドールをもらうだけだぞ!」
リバウド「よ…よ…よくきけカカ…オ…オレやきさまの所属する代表…
     ブラジル代表がミ…ミランで重用されないのは……
     ユ…ユヴェントスの連覇のせいなんかじゃ……な…な……なかったんだ……」
アンチェ「戦力外を通告したのにしぶといね。話はまだつづくわけ?」
リバウド「ア…アンチェロッティの守備偏重だったんだ……!
     オ…オレ以外のブラジル人はあ…あいつの手となり足となり命令どおりに
     働いたってのに…!」
カカ「……!!」
リバウド「きさま以外はたいがい軽い扱いだった……このオレも…ホッキ・ジュニオールも…
     アンチェロッティは…こ…攻撃が好きなブ…ブラジル人の中から
     ミランの中心が生まれるのを…お…恐れたからだ…」
アンチェ「ふっ…よくいうよ…」
リバウド「た…たのむ…ミランを…ミランを導いてくれ………た…のむ
     ブ…ブラジル人の……手……で……」
582 名前:2/2 投稿日:04/01/30 19:41 ID:jNtD7Ocq
カカ「……リバウド……」
アンチェ「やっと出ていくことになったか……じゃあ守備練習を再開しようか」
カカ「おめえが泣くなんて…おめえがオラにたのむなんて…
   ……よっぽどくやしかったんだろうな…」

カカ「わかってるぜ…ブラジル代表の仲間が重用されないのがくやしいんじゃねえんだろ…?
   ミラン首脳陣にいいようにされちまったのがくやしくてしょうがねえんだろ…?
   おめえのことは大キライだったけどブラジル代表の誇りは持っていた……
   オラもすこしわけてもらうぞその誇りを…
   オラはオリンピックを見送ったブラジル代表だ…!
   おめえたちに使われなかったブラジル代表のためにも
   そしてここのミランファンのためにも
   攻撃サッカーでぶったおす!!!」
アンチェ「くだらないことを…」

 このスレを見て漫喫に行きたくなった奴は挙手(゚∀゚)ノ

関連スレ
 ○ドラゴンボール風に海外サッカーを語ろう!!○

平成14年2月3日

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letitflow.blog9.fc2.com/tb.php/150-da5aedb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。