Let It Flow(2ch蹴球代表海外板ウォッチ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前でまず外す

麻雀しながら天皇賞も見てました。僕以外の3人は馬券を買ってたんですが、敗戦後の「スズカマンボなんて名前でまず外す馬だよ・・・」との友人の呟きに一同大爆笑でした(ゲラ

土浦のモール505は土浦の退廃っぷりを表しておりました。

ホアキン・サンチェス・ロドリゲス:韓国とのPK戦はホアキンと同じく頭を抱えた。そろそろ潮時のフィーゴのポジションを狙ってやって来たはずのベッカムにとって、ホアキンのLOVEレアル攻撃には内心穏やかでないだろう。
スポンサーサイト

一番テンションが高い日

今日からGWと思いきや、しっかりスーツを着ております。そしてノートPCお持ち帰り。絶対なくすなよと何度も念を押されました。今僕のPCには当事業部の全ての顧客&売り上げデータが入っております。結構いい値で売れるはずだ。

エミール・ヘスキー:「オーウェンは決まりだからもう1人は取り敢えずこいつ」的な印象あり(代表にしてもリバプールにしても)。レスター時代のヘスキーは見れていない。

日本のハワイ

社内は皆テンションが高い。「どこに行くんですか」って聞いてオーラ、が漂う奴らが多すぎる。「日本のハワイに行ってくる」という奴がいたので、「熱海ですか?」と返して差し上げた。

GW予定表に全て行き先=自宅と書いておいたら、真面目に上司に心配されている気配が。

アレクサンデル・フレイ:目下リーグアンの得点王。そろそろ三大リーグで見たい選手。

Lyla

オアシスの新譜を初めて聞いた!ヘ~イ、ライラァ!

サミ・ヒーピア:先日のCLユーベ戦1stLegのボレーはえがった。地味ながら堅守。しかしながら「りばぽのサッカーはつまんね」と言われていた原因には、フィードがいまいちなヒーピア+アンショズが一躍買っていた気がする。

呉には負けぬ

【経済】横須賀市に複合観光施設、「横須賀海軍カレー」“カレー発祥の地”で集客へ

カレーは兎も角、スカジャンとか知らない人結構多い。何の略かとか言う以前に、何それと言うレベル。

それから、横須賀を横浜と一緒にする奴は一歩前に出なさい。

ジミー・フロイド・ハッセルバインク:あり得ないところからドカンと決める。足の振りの速さが異常。代表ではファンハールの物量作戦でクロスをひたすら入れる4TOPの一角なんかやってた。あれはむなしかった。

血と汗を流そう

"Pay To Win"という言葉を知りえらく気に入った。"勝利の代償を払え"か。

勝手にしやがれのCDを買う寸前。

シャバニ・ノンダ:「シケた面すんな!デポルが見てるぞ!」。かこいいよ選手兼監督。実はタンザニア難民キャンプ出身という苦労人である。

脱NEETか

実家に帰ったら何をどう間違えたのか、「俺、これからNOVAに通うから!」と意気込む弟が居た。

シラルド・ネメト:今大売出し中のミンタルと同じ、スロバキア代表FW。ボロではハッセルバインクと組んでます。結構好みの選手。

相変わらず虎ファンばっかし@ハマスタ

ハマスタで浜虎戦を見てきた。4人中3人が横浜応援なのに1人の熱烈虎党のために三塁側へ。2-3で虎勝ち。一番おもろかったのは、種田の打席になると、虎ファンがメガホンを縦に長ーくつなげてがに股ポーズでおちょくってたことw

中華街に雀荘がないのはなぜだっ!

アントニオ・ヌニェス:チャビアロンソ、ホセミ、ルイガル、モリオ・・・そしてヌニェス。やっぱワンランク落ちるなあ。移籍当初は実体がないままあれよあれよとネタキャラ化してた。ヌーちゃん。

せめて業務連絡だったら・・・

同期が会議のプレゼン用に自分のノートPCを提供していたのですが、阿呆なことにメッセンジャーの設定をしておらず、会議中に受信メッセージがでかでかとポップアップ。しかも内容が「大ニュース!ポール牧自殺!」(別の同期から) 彼を含め部屋が凍り付いていた。

泣ける。実話です。気をつけよう。

ユーリー・ニキコロフ:あのW杯日本戦での宇宙開発で「ナイス二木ゴルフ!(ゲラ」と叫んでいた時は、まさかその後日本に来るとは思わなんだ。

Who's gonna save us?

最近はLivingEndをよく聞いてます。疲れているときは単純な音楽がいい。小難しくないシンプルなロック。テンション上がるし。WestEndRiotがヘビロテ中。

ヌレディヌ・ナイベト:アフリカのDFとしては最高峰のラマダンな人。デポルで有終の美を飾ってホシカッターヨ・・・orz

部屋が汚いのはAB型のせいだといつも言い訳しております

相変わらず部屋は片付いていない。

ダビド・トレゼゲ:長身だけど足元のテクもドリブルある万能ストライカーは怪我にとり憑かれる傾向があるように思える。モリエンテスと凄くダブる選手。

その代わり29日は出勤

GWの隙間に有給とっていいとの許可が出ました。よっしゃぁぁああ!

何も予定は無いけど。とりあえず引越し。

ジョン・テリー:急激なチームの成長で化けた感あり。頼れるキャプテンも昔はDQN臭プンプンだったのになあ。CLバルサ戦2ndLegのヘッドは鳥肌もんだった。

国旗を焼かれて腹が立つ人間でありたい

月曜は定時後だっつうのに会議2つやるのでしんどい。

とうとう社内ポータルに、「中国出張はちょっと見合わせろ」令が。今回のことで改めてカントリーリスクは昔と一向に変わっていないことが分かる。しかしあいつらもこいつらも国旗を焼くのがお好きね。民度の高さが伺えます。

ツゥット:ググッてたら取説見つけました。

じわじわ来るClubFoot

結局引越しはGWにまでずれこんだ。取り敢えず少しづつ荷造りを始めるとしよう。まずはジャンプの山をどうにかしよう。

最近リーマン板を見始めた。

カサビアン、doves、椎名林檎のカルキなんちゃらを購入。定期的にアマゾニングの衝動に駆られます。

ブルーノ・チリッロ:マテパンチを喰らったヒト。それ以外の知識は無いし、必要性も感じない。

Wächter

シャルケVSハンブルガー観戦。勝って不思議なハンブルガー。最後のFKを止めたベヒターに駆け寄るイレブンは和んだ。ところでPKハーゲンってどこいったんだ?

マッシモ・タイービ:彼の約20年間ものキャリアの中で、国外へ出て行ったのはただ1シーズンだけ。そう、マンチェスターで卵を産んだあのシーズン。彼のキャリアの中であの1年間はどういう存在なのだろう。

Y君おめでとう

友人が薬剤師の国家試験に受かったそうな。どれくらい凄いのか分からず、いまいち適切な祝福メールのフレーズが思いつかない。

いろんなものを捨てたい。そんな季節。

ノルベルト・ソラーノ:インディオ系人種は日本人に近くて親しみが沸く。こんなおっさんその辺にいる。来月のキリンカップには来てくれるだろうか。

火狐

firefoxを試験的に導入。firefoxがどうというよりタブブラウザがどれくらい便利なのかが気になっていたのでした。

ネストル・センシーニ:終わった選手だと思っていたらウディネで復活。と思いきやもう引退するのね。お疲れ、オッサン。

4649

うちの上司の口癖は「よろしくやっとけ」。最近その訳が「適当にやっとけ」であることが分かってきた。

チリアコ・スフォルツァ:生ではないのですが何かの機会にシャプイザ&スフォルツァの時代を見て、スイス代表が割と好きになった。その証拠にこの間のユーロ2004では無謀にも仲間内のベスト4賭けにスイスを入れた。僕は賭けに自分の願望を入れるタイプです。

disable

引越しのための諸々の準備が遅々として進まない。取り敢えずエイブルにはイエローを提示しておく。

今週末はデスクの引越しもある。こちらも準備は遅々として進まない。自分には「注意」で。

アラン・シアラー:ゴールした後にこう片手を上げて嬉しそうに走るんだけど、その上げた手がパーなのね、指閉じたパー。普通グーとか人差し指とかなのに。その辺がカントリーチックというかノスタルジーというか。まだ多国籍化していなかったプレミアリーグの匂いを感じる。

ユニが変わってもレアルキラー

クラシコ寝坊して後半から。いやいや面白い試合だった。世は満足じゃ。

しかしまた江藤点取った。あの爆発的なスピードは人間じゃない。怪我が心配ですが。レアルはカシージャスに一杯おごっとけ。内容は圧勝ではなかったよ。

ファクンド・サバ:あれは女王様マスクではなく怪傑ゾロですって。小物まで用意する割には大した選手じゃないような。今はセルタにいる。

独り身によくあるシーン

異臭を放っていた洗濯物の処理・切れていた電球を取替え・手帳を2005年度バージョンに移行・溜まった雑誌の整理。割と有意義な一日だったのではないでしょうか。結局電球替えても電灯つかないんだけど、な状況は置いておいて。

癪だから3000円分くらい寿司買ってきてガブ食い。しかも買うときに「お箸はいくつお付けしますかかぁ?」とレジのお姉ちゃんに問われ、力なく「二つ」と答えた。くっ。

今TBSの深夜番組に出てるグラビアアイドルを見て、「どっかで見た顔だ」と思っていたら、から騒ぎの子だった。この子。一番贔屓の子だったのに、既に素人でないと知り(水着姿で今出てるし)スーッと何かが引いていった次第であります。

コスミン・コントラ:UEFA杯決勝でリバポと死闘を演じたアラベス時代の印象が大きい。アトレティコでは試合に出てるんだろうか。コントラスピリッツ。

ヒゲキッス

ベンツ-鮭観戦。誰が何を言おうとも倉金が一番イイ!ボルドン可哀想だった。クラニーはその悪人面のくせにゴール後の投げキッスが合ってないw

ケーシー・ケラー:ケラーと言いフリーデルと言いハワードと言いアメリカはGKだけはワールドレベルで羨ましい。1人くれ。

上司に愚痴言われるうちが華だって言うから~♪

最近ミスチルの「雨のち晴れ」が身に染みる。

ミスチルはリーマニズムをある程度分かっているから好きだ。まあ本当は晴れなぞ見えないところまで逝ってる現実も沢山あるのでしょうけど。

ナイアル・クイン:僕の中ではフィリップスとセット。最近の電柱はテクもあるからなあ。時代は変わった。

正論を吐くことにはリスクが伴う

中田のメールがまた祭りになってますね。結局のところごく正論でありそこは異論の挟む余地はほとんどなくて、問題は「HPでこそこそ言わないで直接言え」てな批判ですよね。僕はそういう意思をマスゴミを通さずに公にするというところに意味があると思っているので、それ故中田信者なわけであります。

ハリー・キューウェル:好きな選手なだけに、ここ最近のへたれっぶりが気になる。リーガプールではもう居場所は無さ気。

VIPPERのあんたがたにシンシナシティ

サイトの更新とは筋トレである。

VIPPERのあんたがたに挑戦します。はもう第三弾まで行ってる模様。第二弾の海外進出には(しかもVipperがいたことに)感動。

カハ・カラーゼ:【涙】至上最も悲劇的なサッカー選手って【不運】に推す。弟の帰還を祈る。

超電子バイオマン

マスターにいった同期がひとり就職を決めたそうです。希望のバイオ関係の研究職だそうで。おめでとう。

マイケル・オーウェン:正直、いまいちこの選手のワンダーぶりを見たことが無い。イングランドはSHよりむしろFWだと思う(ルーニーもあまりよく分からない)

カスタマイズしたがるお年頃

会社のPCにランチャーを入れたという話をしたら、その話し相手も同じランチャーを使用している判明し、運命を感じた。

もち男デス(やっぱり bluewindってのですが、結構有名らしいので運命でもなんでもない。良かった。

ファイラの利便性はまだよく分かっていない。尻侍にも進出しようとしているんですが、色々と大変そう。暇を見つけて、かなと。

ステファン・エッフェンベルグ:HP開設当初、釣られた苦い思いであり。結局中指の画像は見れていない。

ぬるま湯は人を駄目にする

つくばに花見にいったものの、花は咲いていなかったので単純に居酒屋。

例の茨城県庁勤め(障害福祉課)の先輩が居たので、給食に適してる? 予算消化でフカヒレ三昧-福祉施設を話のネタに侃々諤々の討論を展開。「厚遇にあぐらをかいて税金を無駄遣いする公務員は師ね」と心の中で叫びつつ、「結局誰も本物のフカヒレを食ったことがない(インスタントスープ除外)」という現実を憂うという結論に。

この時期一個下が卒業していくわけですが、少なくともサークルの後輩10名くらいのうち、公務員が4割、院に行く公務員志望を入れれば7割越え。

うちのサークルは割と前衛的な種のサークルなのですが、「世の中変えちゃる!」と散々わめいた挙句地方のお役所に流れ着くのが最近多い。誤解を恐れずに言うと、何だかんだでそういう低きに流れる傾向に嫌悪感があります。忙しさの差と給料の差を見ながら、なにこれ?と。勿論忙しさなぞでなく、社会にいかに価値を生みをだしたか/寄与したかで考えるべきですが、どうしても彼らが給料相応のアウトプットを出しているとは聞こえないのです。そしてそんなぬるい話を嬉々として喋る奴と、そのぬるい話を知りながらそこを目指す奴。理解できない。

注:「公務員」とひとくくりにいすべきでないことは百も承知であります。便宜上、ということで。

ウミト・ダバラ:日本のわずかな期待を打ち砕いた選手。もうモヒカンじゃないみたいね。

名前をそろそろ付けてやるか

最近会社のPCをいじるのが流行中。一日の大半を一緒に過ごすわけで、自分色に染めてやるというか。

ビクトル・イクベバ:18禁ワールドカップでしか知りません。ごめんなさい。

組織いじりは企業の末期

事業部の名前が変わった。毎期ごとに組織改正するのやめれ。それも今回は別事業部だったSE部隊と営業部隊がくっつく全社的なものだそうです。トップ曰く「個別最適から全体最適へ」みたいに言ってるみたいなんですけど、じゃあ今までは何だったんだということには全然触れていない。相変わらずずるい。

うちもいくとこまでいってカルロス・ゴーンみたいな黒船来てくれんかなー、マジで。頑張っても中途半端に延命されるだけな気がして。

もう長らく触れてないですけど、残念ながらもう魔女は終わったと考えております。今季の補強なんかは、ここ数年にない良い補強だったはずなのに、それでこれ。江藤の重要性が染みるシーズンです。下位チームと言うのは、中盤がつまらなくても、バカバカ決める丈夫なストライカーが1人いればどうにかなる傾向がある。嗚呼。

ダビド・アルベルダ:片玉。「バラハともう1人」が今や「アルベルダともう1人」。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。